MENU

コンブチャに含まれるポリフェノールの効果とは

デトックス作用により、美肌効果や便秘改善、疲労回復など、美容と健康に大きな貢献をもたらすとされるコンブチャには、様々な栄養素が含まれています。
主な栄養素には、ポリフェノール、酵素、乳酸菌、ビタミン、ミネラル、アミノ酸などがあります。

 

その中でも、抗酸化作用を持つポリフェノールは老化を防ぐ働きがあるため、エイジングケア対策として欠かせない成分です。
そもそもポリフェノールとは、植物の色素や苦み、渋みの元となる成分で、植物の葉や茎に多く見られます。
ポリフェノールは数多くの種類がありますが、コンブチャに含まれているものは、コンブチャの原料の一つである紅茶に由来します。

 

紅茶由来のポリフェノールには、カテキン類とテアフラビンがあります。
カテキン類は紅茶の渋み成分で、同じく抗酸化作用を持つビタミンEを遥かに凌ぐと言われるほどの高い抗酸化力を持っています。
抗酸化作用とは老化の原因である活性酸素を体内から取り除く働きのことで、肌や体を若々しく保つために役立ちます。
活性酸素は生活習慣病を引き起こすとも言われているため、がんや心臓病、脳卒中、糖尿病、高血圧、高脂血症、肥満などを防ぐ働きも期待できます。

 

また、抗菌と殺菌作用があるため、口の中の細菌を減らし、虫歯や口臭を防ぐ働きもあります。
そして、テアフラビンは紅茶の色素となる成分です。
テアフラビンは、茶葉を発酵させる過程で生成され、カテキン類の一種です。
血糖値の上昇を抑え、体内に糖分が吸収されるのを抑える働きがあります。
インフルエンザの予防にも効果があり、ウィルスの感染力を衰えさせ、体内にウィルスが侵入するのを防ぐ働きがあります。

 

また、緑茶よりも高い殺菌効果も持っています。
さらに、乳酸菌の働きを助けて善玉菌を増やす一方、悪玉菌を減らして腸内環境を整えるため、便秘改善に役立ちます。
この他にも、悪玉コレステロールだけに働きかけ、内臓脂肪を抑える働きがあり、肥満を予防します。

 

女性にとって頼もしい味方!デトックス効果のあるポリフェノール

チョコレートのカカオや緑茶、赤ワインに多く含まれていることで有名な「ポリフェノール」。
実はこれ、コンブチャにも入っている成分なんです。

 

ポリフェノールは食材そのものに含まれている成分というよりは、植物の樹脂や種に含まれている天然の成分のことです。
化合物なので配合によって成分はそれぞれ違っており、その種類はおよそ4000〜5000種類あるといわれています。
有名なイソフラボンやカテキン、クロロゲンといったものも、その一部です。
それぞれの種類にそれぞれの効果があるため、自分が求めている効果のある食材を定期的に摂取すると良いとされています。

 

なお、コンブチャの別名は紅茶キノコと呼ばれているだけあり、含まれているものは、紅茶由来のものだそうです。

 

効果としては、人間の体内にある有害な活性酸素と結合し、排出してくれる働きがあるそうで、デトックス効果やお肌の老化を防ぐことにつながるようです。
活性酸素とは体内でつくられている物質で、菌やウイルスが侵入してくると細胞を酸化させ、殺してくれる免疫機能があるのですが、加齢やストレスのせいで過剰に増えてしまうことがあります。
すると体内の正常な細胞まで傷つけてしまい、結果的に肌をボロボロにしてしまいます。これを防ぐのがポリフェノールです。
定期的に摂取して、活性酸素が正常な細胞を攻撃してしまうのを防いでしまいましょう。

 

また他にも、血液の流れが良くなる効果もあるようです。
血液がサラサラになると毛細血管が発達するので、血液中の余分な脂肪が減り、内臓脂肪の予防にもなりますし、高血圧の予防にも一役かってくれます。
さらには糖尿病の予防にもなってくれそうですよね。

 

そして、乳酸菌の働きを助けてくれる作用もあるらしいです。
乳酸菌が働くということは免疫力アップにもつながりますし、何よりお通じが良くなり便秘解消にも効果がありそうです。
女性にとって頼もしい味方になってくれそうですね。

コンブチャランキングはこちら

コンブチャランキング

このページの先頭へ